トレーナー紹介

大宮 パーソナルトレーニング

代表 大橋 俊吾

大会実績


2020年 SUMMER STYLE AWARD千葉大会
    サーフモデル1位
    スポーツモデル3位
    スタイリッシュガイ6位

2019年 NPCJ(現FWJ) GRAVII CUP
    フィジークノービス13位

2018年 BEST BODY JAPAN 名古屋大会

メッセージ

高校野球のウエイトトレーニングが初めて本格的なトレーニングだった。
当時はベンチプレスばかりしており、ただ大胸筋が大きくなることが嬉しくて「ボディメイク」という概念はなく、野球で活躍したいという思いからトレーニングに励んでいた。
大学生になり野球を辞めたことにより体重が急激に増加。
服を着ているとわからないが脱ぐと明らかにお腹が出ている。
「隠れデブ」になっていた。
「このままではマズイ」そう思って大学内にあるジムに足を運んでみるが、屈強なラグビー部がトレーニング機器を占領しており、何もできず。

この時「ジムはマッチョしか居座れない場所だ。」そう確信した。
その後運動することなく過ごしていると、どんどんデブに。
大学2年の春に「絶対に痩せる。」決心して友人2人を強引に誘い大学のジムに行った。
ラグビー部がいたが、友人と一緒だと気にすることなく楽しく集中してトレーニングをすることができた。
この時「トレーニング初心者は1人だと何をやればいいかわからない、誰かと一緒にやらなければ続かないし、成功しない。」そう確信した。
それから毎週のように友人を誘ってジムに行き、大学4年の夏には大会に出場。
更に2年後の2020年のは金子賢さん主催のSAMMER STYLE AWARD 千葉大会サーフモデルで優勝。

  • 大型会員制ジムで続かなかった。
  • 大型会員制ジムはマッチョがたくさんで怖い。
  • ジムで何をやればいいのか、マシンの使い方がわからない。

上記の初心者時代の苦い過去・経験より、ダイエット、ボディメイクに悩む人たちの手助けをして、ボディメイクにより今後の日常生活、食事、姿勢、運動習慣、がよりよく生活の質が向上できるように
という思いからパーソナルジム 1ST SHAPEを開業。

直近1週間で13人がカウンセリングに申し込みました